気の向くまま風の吹くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

京都貴船神社(α7+Ultron 40mm F2 SL II Aspherical)

DSC01180.jpg

DSC01189.jpg

DSC01192.jpg

DSC01201.jpg

DSC01207.jpg

群馬館林住在の友人が京都へ撮影旅行に来るということで一日ご一緒させていただきました。
今回ご一緒させていただいた場所は貴船神社。
京都駅からバス~叡電~バスを乗り継いで貴船神社へ、この日の予想最高は29℃と言われてましたがさすがにここは別世界、上着を羽織るくらいがちょうどいい感じ、また新緑が眩しくって心のよどみを浄化させてくれるって感じ。
モデルさん撮影をこなしてゆく友人を見ているとホント刺激になります、思い・こだわり・技術全てがとても勉強になります。
撮影後の夕食では久々にお互い熱く語ってしまいました。
とても良い一日を過ごすことが出来大満足!!
今度は館林におじゃましますね~!!

写真 | コメント:0 |

靭公園バラ祭(SONY α7)

DSC01101.jpg

DSC01121.jpg

DSC01138.jpg

DSC01142.jpg

DSC01150.jpg

靭公園のバラが綺麗というということで早速お出かけ。
今日17日と明日の18日は靭公園バラ祭ということで人出がすごくびっくり!!
そんな中、以前からやってみたかったことを試してきました、そのやってみたかったことは中間リングを使用しての撮影。以前OM用中間リングセット(何故か7mmだけはAUTO)を手に入れたのでいいタイミングでと。
今日の相棒はα7にE/EOSブリッジアダプタを介しいつもお世話になっているmukselectさんのOM/EOSマウントアダプタをつけてそれにOM用AUTO7mm接写リング、レンズはOM Zuiko50/1.8 100/2.8 135/3.5 200/4にCOLOR-HELLIAR 75mm F2.5 SL(OM)・Kenko85mmF2.5 SOFT ニコン用マウントアダプタもあるのでTokina AT-X M100 PRO Dが使えるのだけどまぁ軽量化というか中間リング持ち歩いていたらまぁ便利かなと。
50/1.8は家の花で試したのだけど結構寄らなくてはならずもうちょっと距離を撮りたいときには・・・ということで自分に合った方法でいろいろ試しましたが焦点距離で言うと75か100くらいが被写体といい感じの距離をとれて使いやすいかな?と。135と200はさすがに足が長いというか・・・・まぁだいたい最短撮影距離の半分くらいまでは寄れるみたい。
後、被写界深度が極端に浅いので思ったより絞るほうがいい感じ。
まぁ7mmならバッグに入れていてもそんなに邪魔にならないのでお気軽マクロ撮影にはちょうどいい感じです。
画像は上からCOLOR-HELLIAR 75mm F2.5 SL(OM)・OM Zuiko100/2.8 135/3.5 200/4 Kenko85mmF2.5 SOFTです。135/3.5 200/4 Kenko85mmF2.5 SOFTは開放、COLOR-HELLIAR 75mm F2.5 SL(OM)と100/2.8は5.6~8くらい絞っています。

写真 | コメント:0 |

のんびりお散歩(京都東山)

sP5042125.jpg

sP5042138.jpg

sP5042147.jpg

sP5042151.jpg

sP5042153.jpg

sP5042170.jpg

sP5042179.jpg

sP5042193.jpg

sP5042205.jpg

sP5042216.jpg
GW中のこの日は写真仲間のマロッシさんと久々のプチオフ。
目的地は京都蹴上浄水場、GW期間中一般公開されていてツツジが見頃だということでお出かけしました。
ツツジや施設的にはほんと素晴らしいところ・・・でも二人的には・・・・
ということでインクライン跡から南禅寺~哲学の道という定番のコースをのんびりお散歩してきました。
マロッシさんお疲れ様でしたまたよろしくお願いします。

撮影はOLYMPUS E-PL3
1~3枚目 M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
4~7枚目 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
8~10枚目 SIGMA 30mm F2.8 EX DN

写真 | コメント:2 |

雪の大原散歩

siDSC00738.jpg

siDSC00739.jpg

siDSC00747.jpg

siDSC00748.jpg

siDSC00756.jpg

京都大原散歩に行ってきました。
出町柳では行きがちらつき、八瀬を過ぎる頃には一面雪景色、八瀬で雪景色ということはもちろん大原も・・・
なんて期待を持って大原へ。大原へ近づくにつれ雪の量も多くなってもしかしたらこれは撮影できないかも?っていうぐらいで・・・
今日の相棒はSONY α7にOM Zuiko。バス停からいつもの通り寂光院方面へ、今日の大原は痛いぐらいの冷たさで空気が張り詰めてるような・・・
そんな中のんびり撮影、久々に気持ちよかったなぁ~
α7+OM Zuiko50mm/F1.4

写真 | コメント:0 |

マクロコンバーター MCON-P02&フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)

siP2282085.jpg
siP2282089.jpg
siP2282094.jpg
siP2282072.jpg
siP2282117.jpg
自分へのご褒美へという言い訳をして手にれたオリンパスのマクロコンバーター MCON-P02&フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)
マクロコンバーターレンズは平たくいえばクローズアップレンズみたいな感じでレンズ先端に取り付けるものです。
寄って大きく写したいとかマクロレンズはたいそうやし・・・って時に活躍するもの、とてもコンパクトなのでバッグの隙間に入れられるので気軽に持ち出せるのもいいです。今回はOLYMPUS E-PL3のセットズームM.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ RにつけるのではなくM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8につけてみました。
このレンズはどちらかと言うと寄れないレンズなのでこのコンバータをつけることで寄れる大口径レンズに早変わりなのです。
つけた感想は、うわっめっちゃ寄れるしいい!!でも被写界深度めっちゃ浅い!シャッターの段数足りない~って感じで、F4くらいに絞って使うのが被写界深度&OLYMPUS E-PL3的には使いやすいかもです。
さて次はフィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)、これの15mmは持っていてこの広角が出るというので飛びつきました。気軽に超広角が楽しめるのはとてもいい感じ、名前の通りボディーキャップ代わりというかそれにも使えるしOLYMPUS E-PL3に普段からつけておくのもいいかも?
でもやはりフイッシュアイということで使いどこはなかなか難しい・・・
面白いレンズだけにもっと使えるようにならなくっちゃです。
この2つのアイテムなかなか自分的には難しいですがあればいろいろ楽しめるアイテムなのでちゃんと使えるようになりたいなと思っています。

写真 | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。