気の向くまま風の吹くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

特別公開 子鹿公開 赤ちゃん鹿大集合!

DSC_1987.jpg

DSC_2020.jpg

DSC_1998.jpg

DSC_2091.jpg

DSC_2163.jpg

奈良公園鹿苑で行われている「特別公開 子鹿公開 赤ちゃん鹿大集合!」に行ってきました。
この入梅の時期に開催されるので自分にとっては梅雨のイベントといった感じになっています。
この鹿苑、見学できる場所から鹿たちを撮ろうとすると当然望遠レンズが必要なのですが、今まではこの時期にD300と望遠レンズを持ち歩くなんてある意味バテの原因になるので今までは高倍率ズームレンズを搭載したコンデジやネオ一眼を持って行ったのですが、今年は気合を入れてD300にMB-10、そしてSIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM、そしてサブにコンデジではなく街歩き用にSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMという気合セット?で臨みました。この頃は軽量セットで出かけるのが多かったので荷物のずっしり感に撮影前にバテ気味。鹿苑につくと相変わらず見学者がとても多く撮影場所を探すところから。
見学者の中にはフルサイズデジ一眼にハイグレードレンズという強者も・・・流石というかタフやなぁ・・・
そして撮影開始、産まれて日が経たない子鹿たちは本当に可愛いな、被写体には最適、また妊娠中のお母さん鹿はもう貫禄といったところ。
そのお母さん鹿の様子を見ては今日は出産シーンには巡り会えないなぁ~なんて思っていたら見学終了時間も迫ってきた時にほぼ予兆もなしに出産シーンに立ち会える?事ができました。終了時間も延長で子鹿か無事立ち上がるところまで見ることが出来本当に感動しました。

今回のカメラは先程も書いたとおりD300、発売から7年も過ぎ後継機のD500も出たりですがやはり色あせない安心感とAF性能は流石です、画質とかは当然最新型の足元にも及ばないですが。
D300今年の6月、そう、今月でメーカーの部品保有年数が切れるのでこれからは在庫部品のみで修理とかになるのとD500を手に入れる予算がないとかグリップの形状が変わって自分の手では持ちにくくなったとかでオーバーホールに出しました。プロやハイアマチュアほどバリバリには撮影はしていませんがシャッター回りとかが新しくなると気持ちシャッター音とかが軽くなって変わったような気がしますね。まぁこれでまたD300と長い付き合いが出来るので自分の足らないとこを補ってもらっていいのが撮れたらなぁって思っています。
スポンサーサイト

D300 | コメント:0 |
<<お別れの前に(天王寺動物園ホッキョクグマ) | ホーム | Commlite AF/EF-NEXレンズマウントアダプター>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。