気の向くまま風の吹くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Commlite AF EF-EMOUNT FX レンズマウントアダプターを使って(EF70-300mm F4-5.6 IS USM編)

DSC02210.jpg
DSC02213.jpg
DSC02223.jpg
DSC02222.jpg
DSC02232.jpg

今日は梅田のCanonサービスへEF40mm F2.8 STMのファームアップ依頼へ、デジタルボディならPC経由で簡単にできるけど手持ちが1Vなのでサービスに依頼、4,5分待つと無事ファームアップ完了、その後は隣りにあるショールームでいろいろと触ってみた、やっぱ白レンズのAFは爆速!!手が持っていかれるっていう錯覚に陥りそう、その後は単焦点大口径レンズや1Dxを触ったり。
その後はちょっと中古屋さん巡り、気になるレンズがあったのでお持ち帰り・・・う~ん、やってしまった。
EF40mm F2.8 STMをファームアップして後は先日手に入れたレンズテストのためちょっとお出かけ予定だったけど中古屋さん巡りで時間を要してしまったので近場でテスト。
先日手に入れたレンズというのはCanon EF70-300mm F4-5.6 IS USM、いまさらまた古いレンズを・・・なんですけど・・・
α7IIようにお気軽望遠として純正の素通しマウントアダプタLA-EA3を介してAFが効くようになったのでAマウントのTAMRON SP70-300mmf/4-5.6 Di USD(A05)を使っていたんですがせっかく1Vも手に入れたのだからと1Vとα7IIと両方幸せになる方法は?なんて模索したらCanonの方手に入れたらα7IIでも使えるしということで手に入れました。同じレンズでEFマウントあるじゃんと言われそうですが同じレンズは・・・以前使っていたし・・・
さてこのEF70-300mm F4-5.6 IS USM、いろいろと見てみるとまぁひどい言われよう・・・確かにTAMRON SP70-300mmf/4-5.6 Di VCの方が後発だし優れているし・・・タムロンやLレンズに乗り換える方が多い中自分は逆乗り換えみたいな感じで・・・
実際使ってみるとなんとかCommlite AF EF-EMOUNT FX レンズマウントアダプターを経由しては動作します。でも一度ピントを外したり光量が少ないとこでは??みたいな動作もあるのであくまでもマウントアダプタ経由で使用というのを頭に入れておけば十分です。AFも普通だしAF-Cでもちゃんと掴んでくれるし。
このレンズいいところはまずコンパクトですね、タムロンより一回り以上小さいです、ミラーレスにはぴったりだと思います。
後、手ぶれ補正が強烈に効きます、2段分と謳われこの辺も酷評されているのですがα7IIとのコンビでは掴んだら離さないぞって感じで効いてくれます。α7IIはマウントアダプタ経由で使用するとソニーさんがいたずらしているのではないかというくらい手ぶれ補正の効果が薄くなります(個人感)でもこのレンズを付けるとうそっ!!って言うくらい効きます、1Vにつけるより効いてるのではってくらいです。まぁ古いレンズでいいとこは少ないけど自分にとっては十分なレンズです。まぁ気長に楽しめたらと。
それと最後にα7II、マウントアダプタ経由だとフィルムみたくこってり写るのは気のせいかな??

スポンサーサイト
写真用品 | コメント:0 |

ご近所鉄

久々に家近くのお立ち台でご近所鉄。
ちょいと試したいこともあったので・・・せっかくいいお立ち台が近くにあるのにこんな時しかいかないってある意味ちょいと贅沢?
ぼちぼち通って練習練習なのだ。

Nikon D300+AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)
DSC_2207.jpg

DSC_2219.jpg

DSC_2223.jpg

DSC_2227.jpg

DSC_2245.jpg

撮り鉄 | コメント:0 |

お別れの前に(天王寺動物園ホッキョクグマ)

sP6080057.jpg

sP6080082.jpg

sP6080218.jpg

sP6080325.jpg

sP6080331.jpg

今日は久々に天王寺動物園に。そうホッキョクグマのバフィンと百々の親子が11日でお別れ、元の浜松市動物園に帰ってしまうのです。その前にぜひ会っておかなくっちゃということで行ってきましたよ。久しぶりに見た百々は本当に大きくなっていてびっくり!でも相変わらずのやんちゃ娘でした。ホッキョクグマの展示されているところは大きなお友達がこれまたカメラ&大きなレンズで陣取ってなかなか場所が取れなかったです。
今日はD300に望遠ではなくE-M5MKII+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIのコンビで体力温存セット?で撮影。百々のやんちゃぶりにバフィンの優しいお母さんって感じが見られて途中からはシャッターをきるより親子のほほえましい姿を目で追っていました。いつか機会があれば浜松市動物園に会いに行きたいなぁ~なんて。
これで天王寺動物園のホッキョクグマはイッちゃんだけになってちょっとさびしいけど又たくさん撮りにゆきたいな。
そうそう、ここではジャガーの子供も産まれて親子展示が始まっていたのですが体調不良のしばらくの間は展示取りやめになっていたのがちょっと寂しかったなぁ。

おでかけ | コメント:0 |

特別公開 子鹿公開 赤ちゃん鹿大集合!

DSC_1987.jpg

DSC_2020.jpg

DSC_1998.jpg

DSC_2091.jpg

DSC_2163.jpg

奈良公園鹿苑で行われている「特別公開 子鹿公開 赤ちゃん鹿大集合!」に行ってきました。
この入梅の時期に開催されるので自分にとっては梅雨のイベントといった感じになっています。
この鹿苑、見学できる場所から鹿たちを撮ろうとすると当然望遠レンズが必要なのですが、今まではこの時期にD300と望遠レンズを持ち歩くなんてある意味バテの原因になるので今までは高倍率ズームレンズを搭載したコンデジやネオ一眼を持って行ったのですが、今年は気合を入れてD300にMB-10、そしてSIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM、そしてサブにコンデジではなく街歩き用にSIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSMという気合セット?で臨みました。この頃は軽量セットで出かけるのが多かったので荷物のずっしり感に撮影前にバテ気味。鹿苑につくと相変わらず見学者がとても多く撮影場所を探すところから。
見学者の中にはフルサイズデジ一眼にハイグレードレンズという強者も・・・流石というかタフやなぁ・・・
そして撮影開始、産まれて日が経たない子鹿たちは本当に可愛いな、被写体には最適、また妊娠中のお母さん鹿はもう貫禄といったところ。
そのお母さん鹿の様子を見ては今日は出産シーンには巡り会えないなぁ~なんて思っていたら見学終了時間も迫ってきた時にほぼ予兆もなしに出産シーンに立ち会える?事ができました。終了時間も延長で子鹿か無事立ち上がるところまで見ることが出来本当に感動しました。

今回のカメラは先程も書いたとおりD300、発売から7年も過ぎ後継機のD500も出たりですがやはり色あせない安心感とAF性能は流石です、画質とかは当然最新型の足元にも及ばないですが。
D300今年の6月、そう、今月でメーカーの部品保有年数が切れるのでこれからは在庫部品のみで修理とかになるのとD500を手に入れる予算がないとかグリップの形状が変わって自分の手では持ちにくくなったとかでオーバーホールに出しました。プロやハイアマチュアほどバリバリには撮影はしていませんがシャッター回りとかが新しくなると気持ちシャッター音とかが軽くなって変わったような気がしますね。まぁこれでまたD300と長い付き合いが出来るので自分の足らないとこを補ってもらっていいのが撮れたらなぁって思っています。

D300 | コメント:0 |

Commlite AF/EF-NEXレンズマウントアダプター

sDSC_1159.jpg
sDSC_1158.jpg
sDSC_1157.jpg
DSC02118.jpg
DSC02111.jpg

Commlite AF/EF-NEXレンズマウントアダプターを手に入れました。α7IIにCANONのEFレンズを装着するためにです、特にお気に入りのレンズCANON EF40mm F2.8 STMを使いためです、一度は手放したんですけど・・・・中古等で手に入れやすい価格にまでなってきたことも理由です。そしてEFレンズは電子接点付きではないと駆動しないのもこのマウントアダプターを購入した理由です。
電子接点付きのマウントアダプター、ほんと色々と出ています、価格も5万~1万前後と幅広く。自分もEFレンズ資産をたくさん持っていれば動作がある程度確認されている高価なものを選んだかもしれませんがこのCANON EF40mm F2.8 STMレンズメインではそこまでもいらないし懐具合もそこまでというのが理由だったりします。まぁ数ある中、今度はどれを選べばいいのか?ということでユーザーレビューやいろんな方のサイトということになります、でも個体によっては同じレンズでも動作しなのもあったり・・・
う~ん・・どれを選べばいいのかということで一番CANON EF40mm F2.8 STM情報が多かったCommlite AF/EF-NEXレンズマウントアダプターを選びました。さてレンズは先に手に入れていたのでマウントアダプタが届くのを待つだけ。
商品が届いて開封するとこのアダプターには小さいですが三脚座がついています、そして三脚座を外してレンズ側の穴を覗いてみましたどうやら埋まってるようです、以前三脚座を外すと穴がそのまま空いているので埋めないといけないというのがあったので・・あったはず・・まぁ念の為にね。
そしていよいよα7IIに装着、EVFを覗けばエラー表示もなく正常表示、そしてレリーズボタンをそっと押してレンズを駆動させてみると位相差AFエリアが表示され無事駆動!!やったね!!とにかく相性問題はクリア。そして通常使用(個人感)でも十分なAFスピード!これで一安心。
α7IIはファームアップで位相差AFが強化され電子接点付きAFマウントアダプターでも相性等はあるものの動作するようになったので本当に幅が広がりました。
ただこういう使い方はイレギュラーなので保証外ですけどね。
好きなレンズと楽しんでゆきたいですね。

写真用品 | コメント:0 |

EOS1Vがやってきました(久々の投稿)

FH000008.jpg
めっちゃ久々の投稿になりました・・・言い訳になっちゃいますが色々とSNS等をやってて色々と迷走しちゃって・・・
まぁ色々と考えてということで久々に帰ってきました。

自分のMFレンズ群、特にOMレンズを活かしたいとα7IIをEOS/FEマウントアダプターを介してOM/EOS等々使っているわけですが、ファームアップで電子接点付き(制限あり)マウントアダプターを介し他社レンズ(制限あり)で位相差AFを使えるようになってちょいと気になるレンズ、CANON 40mm/F2.8STMが使えるというので安価な電子接点付きマウントアダプターを手に入れてα7IIに装着していて楽しんでいたんですが、なんかCANONのボディも欲しくなり以前使っていたEOS5DやEOS3を考えてのですが5Dは使いたいボディですが自分の手持ちの機種と競合があったりで中途半端になりそう・・・EOS3はいぜん使っていてお気に入り・・・など考えて中古屋さん巡りをしていたら結構使い古された1VがなんとEOS3と同価格で出ていて思わず手にしちゃいました。
自分の中では初のプロ機をてにしたわけで・・・
手にした感覚ははっきり言って重い・・・ずっしりですね・・・
シャッターを切った感覚はすごい、やっぱEOS3と違いますね、あとミラーショックというかシャッターを切った後の感触はボディですべてを受け止めるという感じのプロ機ならではの感覚で凄かったですね、あとブラックアウトの時間も短くシャッターを切った時にあまりの速さにびっくりでしたね。EFマウントのレンズは予算&自分のラインアップの中では増やすことはないけど、いろんなレンズで楽しんで(プロ機に対して失礼かな?)ゆきたいです。

画像はEOS1V EF40mm F2.8 STM FUJICOLOR C200 FUJI フォトCD

写真用品 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。