気の向くまま風の吹くままに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々の大原散歩(α7)

DSC01289.jpg

DSC01293.jpg

DSC01296.jpg

DSC01297.jpg

DSC01301.jpg

久しぶりに京都大原へ行ってきました、桜の時期を避け、新緑というより緑も濃く深まってきた時期にのんびりと。
この日の相棒はα7にM42マウントレンズの組み合わせ。α7とM42マウントレンズとの間にはKIPON E/EOS&muk M42/EOSのマウントアダプタを使用しています。
この頃のお散歩は50mmレンズを付けてが多く今回もINDUSTAR-61L/Z-MC 50mm/f2.8レンズでスタートこのレンズはいつもつけているレンズ達と違ってプラスチックを多く使っているのでとても軽くまた開放値も2.8なのでそれほど大きくなくお気軽に使える1本です。
さてこの日の大原は相変わらず団体さんは多いものの一般の人は梅雨時期やまだ紫陽花が本格的に咲いていないので結構静かでのんびりとお散歩できました。
やはり大原散歩は何回してもいいですね。

スポンサーサイト
写真 | コメント:0 |

物欲色々

DSCN0006.jpg

DSCN0004.jpg

DSCN0003.jpg

ついついカメラ用品ばかり気になってそっちの方に行っちゃうのですがまわりを見渡せばこっちの方が優先じゃないん?ってのが・・・
すり減ったスニーカー、輝度ムラが激しくなってきたメインPCモニタ、たまに起動しないサブPC、タブレット&スマホ用キーボード等々・・・・
特に写真を趣味として画像等を見るのにPCモニタの輝度ムラは大問題・・・・でもイマドキの大きなモニタがPC用の机に乗ることは乗るんだけどそれだけでいっぱいになっちゃってPC本体のUSBコネクタやドライブ類の操作ができなくなったりで・・・19か21インチくらいが距離的に一番優しいんだけどな・・・
カメラ的には欲しいものはあるんだけど手が届かないものばかり・・・・今の機材で十分だし・・・
さぁほんとモニタだけは最優先課題・・・近々見に行ってみるかぁ~

Nikon COOLPIX P7700にて撮影(中崎町)

独り言 | コメント:0 |

小処温泉へ(PCX150)

DSCN0049.jpg

DSCN0040.jpg

DSCN0045.jpg

DSCN0055.jpg

梅雨の合間に久々にPCX150でツーリング。
行く先は奈良県上北山村にある小処温泉、大台ケ原の麓にある秘境の温泉と言っていいでしょう。
なんといっても携帯電話が見事に「圏外」になっちゃいます。
R169から県道を10Km近く山中へ・・・山肌から水が流れていたり落石があったり道に苔が生えていたりでバイクで行くにはちょっと要注意。
そんな道を抜けて着くと小さな建物が・・・見た感じは小さいですが中に入ると広くていい感じ。
お風呂はやや温かめの内風呂と川のせせらぎを聴きながらのんびりと入れるちょいとぬるめの露天風呂があります。
ぬるま湯が好きな自分にはここの露天風呂は最高なのです。
また休憩室もあるし食堂ではイノシシや鹿、川魚料理などが提供されています。
PCX150でR169を走った感想は・・・やはりキツイ部分もありますね・・・この辺は150CCでは仕方ないかも、でも緩めのアップダウンが続くところではとても軽快に走れるので結構走行を楽しめたりしますね。
ちょいとご無沙汰していた温泉巡り、これを機にまた再開したいな。

あっそうそうここの温泉の効能の中に五十肩もあってこれは通わなくては・・・(笑)

Nikon COOLPIX P7700にて撮影

バイク | コメント:0 |

明石海峡大橋から撮り鉄

sDSCF0791.jpg

sDSCF0792.jpg

sDSCF0794.jpg

sDSCF0795.jpg

sDSCF0802.jpg

先日、明石海峡大橋ブリッジワールドツアーに参加してきました。
このツアーの内容は明石海峡大橋のことをよく知りその上で主塔(海上約300m)からの景色を眺めるというものです。
主塔上から景色をみてパチパチとやっていると山陽本線を走る列車が!!
これは!と思い主塔からの素敵な眺望をほったらかしにして撮り鉄・・・ホント駄目ですねぇ~
この付近は海に近いところに線路が敷設されているので乗って見るのもよし、海を絡めて撮るのもよしなところ。
普段あまり取れない角度?からの俯瞰撮影、とても良かったです。

FUJIFILM FinePix S1にて撮影

撮り鉄 | コメント:0 |

大阪写真月間2014「私のこの1枚」

DSC00863.jpg

今日は職場の写真仲間(後輩)達と大阪写真月間2014「私のこの1枚」を見に会場でもあるイロリ村[89]画廊へ。
梅田のヨドバシカメラで集合しいろんなカメラを見た後にブラブラと会場へ。
会場へ着くと開場時間を勘違いしていてまだ早かったのでJR天満駅界隈でランチを兼ねて軽く一杯。
その後会場へ戻りのんびり写真鑑賞、やっぱ皆にとって人の作品を見るのはすごく刺激になるみたいで・・・
自分もまたまたいい刺激を受けました。
またこのメンバーで何かに出展できるといいねと言いながら解散。
久々にの~んびりいい時間を過ごしました。

画像は今回の出展作品
α7+KIPON EOS/E+muk EOS/OM+OM Zuiko50/1.8

写真展 | コメント:0 |

ここんとこのお気に入り(PTM-BTR1+Sound Blaster E1)

IMG_0210.jpg

たまには写真関係以外のお話でも・・・・
自分のここんとこのお気に入りが、プリンストンテクノロジー Bluetooth ミュージックレシーバー PTM-BTR1とCREATIVE Sound Blaster E1です。
前者はBluetoohを利用してスマホ等の音楽をコンポやスピーカーに繋いで音楽を聞くというものです。購入のきっかけはスマホに入れた音楽、特にお気入りをまとめたプレイリスト内の音楽を手持ちのミニコンポ(めっちゃ古い機種)で聞けたらいいなぁということで最初はスマホとケーブル接続をして聞いていてiPhoneやiPadはそんなボリュームを調整しなくても普通に聞こえたのですがSH203はスマホ、ミニコンポ側をボリューム最大にしてやっとって感じ・・・もちろんケーブルは抵抗なし。
う~ん・・・ポータブルアンプをかました方がいいのかな?でも・・・ということで色々みてるとBluetoothレシーバーというこの機種があったので購入、結局アンプ機能はついてなかったのですがこれならケーブルレスなので音楽も聴きながら色々操作もできるので結果良し・・ということで。
ポータブルアンプを結局探さないと・・・ということでみると手軽で音量をあげれるのがなかなか無かったのですがPCのサウンド機能でドライバーのアップデートでCREATIVEのサイトに行った時この製品を見つけました、上位機種でBluetooth機能付きのE3はまだ日本での発売が見込めないのでE1にすることに。
USBオーディオ機能もあるしポータブルアンプでの機能も自分にとっては十分なので購入。
最初はお気に入りを聞くのがメインでしたがスマホのラジオアプリの音声をミニコンポに飛ばして聞くのが結構楽しく今はそちらがメインになっています。
いろいろ検索してお気入りの放送局を探すのが昔ラジオのチューニングダイアルをビミョーに動かして聞いていたのがよく似ていて結構楽しいです。
そこで自分の知っている曲が流れたらまたまた嬉しいって感じで。
まぁ地味ながらもの~んびり時間を過ごしています。

左:プリンストンテクノロジー Bluetooth ミュージックレシーバー PTM-BTR1
右:CREATIVE Sound Blaster E1

デジタルガジェット | コメント:0 |

嵐山・嵯峨野散歩(α7+PENTAX smc-M 50mm F1.4)

DSC01213.jpg

DSC01215.jpg

DSC01219.jpg

DSC01230.jpg

DSC01235.jpg

DSC01243.jpg

DSC01245.jpg

DSC01250.jpg

DSC01252.jpg

DSC01260.jpg

猛暑日を記録した日、久々に嵐山嵯峨野散歩に行ってきました。
この日の相棒はα7にKIPONのEOS/Eブリッジアダプタ+muk EOS/Kを介してPENTAX smc-M 50mm F1.4、いつもならOM Zuiko50/1.8なんだけどこの日は気分転換も兼ねて。
このレンズは小型なんだけどさすがにF1.4だけあってずっしりくる感じ、そしてα7とは初の嵐山嵯峨野散歩なのでちょいとドキドキ。
このレンズをつけてα7のファインダを覗くとMXのファインダを覗いてるような感じ、EVFと光学ファインダなのに・・・だから撮っていても違和感なく使えます。
汗をたらたら流しながらいつもどおりにいつものコースでお散歩、この頃は50mm一本でのお散歩が板についてきたような・・・ちゃんと28mmも持って行ったりしているのに・・・レンズ交換式カメラなのにね。
まぁでも気持ちいいものは気持ちいいし。
なんかこの日はいつもと違うものも見えたりとかいいお散歩ができたなぁ~
あっそろそろ視度補正をあわせなおさなくっちゃ(笑)

写真 | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。